裁判員制度

いよいよ裁判員制度が始まりますね
実際の裁判がどういう手順で進み裁判中は何をしているのかよくわかりませんね。
そんな事で私は今年の夏、裁判員制度の説明会に参加しました。
大阪地方裁判所で実際の裁判を傍聴し、裁判員制度について知識を深めるということでした。
一番の変更点は、今まで時間のかかっていた裁判を判決まで早く終わらすことです。
私たちが裁判員として選ばれると全ての流れに参加し、判決までやるものと思い込んでいましたが、はじめは検察官や裁判官の方が打ち合わせし、資料をまとめ素人の人でもわかりやすいようにしておいてくれるみたいです。
それでも専門用語など難しい事はありますが、私たちが思っているようなことは無いみたいです。
地方裁判所での判決なので採決後、控訴になることもあるでしょうが、人を裁く立場になるというのは責任は重たいですよね。
朝礼で皆の前で聞いたのですが今のところ富士電熱の従業員には通知は来ていないみたいです。
(他言無用なので言うわけないか|\(-_- )!)

Comments are closed.